不動産会社を仲介にしてマンションの売却を行う場合、仲介手数料が発生します。従来は仲介手数料が当たり前のものでしたが、昨今では無料になる不動産会社も登場してきました。仲介手数料とはどんなものなのか、その基本や無料になる仕組み、不動産取引の3つの形態を理解すればさらにスムーズにマンションを売却できます。

仲介手数料はマンション売却の成功報酬

マンション売却などで不動産会社を利用した時に必要になる仲介手数料とは、そもそもどのようなものなのでしょうか。仲介手数料とは不動産物件の売買が成立した時に、仲介をしてくれた会社に対して支払う成功報酬です。あくまでマンション売却などが成功した時に発生するものであり、相談や内覧では基本的に請求されません。

マンション売却成立時に必要となる仲介手数料が無料になる仕組みは、売買をしたい顧客側からすると歓迎するべきサービスでしょう。仲介手数料が無料になる仕組みは、不動産会社のコスト削減や売却の促進などの要素から実施されます。

仲介手数料自体は法律で金額を定められたものではなく、不動産会社が自由に設定可能です。事業経営が順調であればコスト削減をしながら仲介手数料を無料にして、顧客を呼び込むことができます。また、物件を売れやすくするために、顧客サービスの一環として仲介手数料を無料にすることもあります。

マンション売却などで利用される3つの形態

不動産取引の3つの形態について確認してみましょう。売主と代理、そして仲介といった不動産取引の3つの形態はそれぞれ特徴が異なり、仲介手数料が発生しないものもあります。

売主は不動産会社などの仲介を入れることなく、売主と買主で直接取引を行う形態です。この形態ではそもそも仲介が入らないため、仲介手数料も不要です。不動産会社自身がオーナーとなることもありますが、仲介ではないため仲介手数料の支払いは発生しません。

代理では不動産会社がオーナーの代理人になって取引を行ないます。取引相手も不動産会社ですが、明確な仲介ではないため仲介手数料の発生についてはその都度異なります。

仲介は媒介とも呼ばれる形態で、一般的にイメージされるマンション売却や購入はこの方法でしょう。間に入って仲介を行うため、仲介手数料が発生します。なお、仲介手数料は売主側だけではなく、買主側にもかかるのが一般的です。

仲介手数料無料でもマンションを売却できる

不動産会社に仲介に入ってもらうと、マンション売却成立時に仲介手数料が発生します。もっとお得に取引をしたい場合には、仲介手数料無料の不動産会社を探してみるのも良い方法でしょう。また、不動産取引の3つの形態から物件にもっとも合ったものを選ぶことも重要です。

Similar Posts