長年住んでいたマンションを売却する場合、不動産会社に直接問い合わせることが必要です。このときには、いくつかの書類が必要になるわけですが一体どのような書類が必要になるのでしょうか。売却をするにあたり必要書類や査定依頼前の書類、あるいは契約時そして決算時の書類などを見ておきましょう。

基本的に不動産購入時と同じになる

マンションを売却する場合、必ずと言っていいほど書類が必要になります。この書類は実際にマンションを売却した人でないとなかなか認識していない可能性が高いわけです。あまり難しいことを考えずに一言で言うならば、購入する時と同じようなもので良いでしょう。

細かく言えば違う部分もありますが、概ね似たようなものになります。
必要書類としては、査定依頼前は特に重要な紙は必要ありません。つまり査定依頼前に何か用意する必要は無いわけです。不動産会社を選ぶことに力を入れた方が良いです。

この時あった方が良い書類はインスペクションの結果などです。それ以外にも、住宅ローンの返済予定表等もあると売れやすくなるかもしれません。特に査定依頼前の段階で絶対に必要な書類はあまりありません。

できれば持っておいた方が良い必要書類は登記に関する書類になります。もちろんこれはすぐに見つからないこともあり、後でも問題ないと言えるでしょう。

契約時や決済時に必要な書類とは何か

長い間住んでいたマンションでも、売却する場合には不動産会社を選びそこで契約をすることになります。この時契約時に必要な書類とは一体何でしょうか。その書類の1つが、登記権利証になります。

登記権利証は、必ずと言っていいほどどの家庭にもありますがなくした場合は登記所に行き申請をすることが必要です。それ以外の必要書類は本人確認書類や、物件状況確認書あるいは印鑑証明書になります。

一方これに対して、決済時に必要な書類としては概ね契約時と同じく登記の権利書や印鑑証明書等になります。それ以外では、特例で必要な資料そして除票住民票などが必要になるケースもあります。これらのものは全て一気に集める事は難しく少しずつ集めていくしかありません。

会社員で土曜や日曜しか休みがない場合には、その間に用意をしておけば後で楽になります。この用意ができなければ、なかなか売買契約が成立しないかあるいはそれ以上先に話が進みません。

売却するなら概ね書類の種類を知っておく

生活の中心となっていたマンションを売却する場合、それぞれ書類が必要になります。査定をするときには、登記等あった方が良いですが絶対になければいけないわけではありません。確定申告時や決済時などはほとんど同じような書類となっており、例えば印鑑証明書や本人確認書そして住民票などがこれに該当します。

Similar Posts