念願だったマンションを購入する場合も、現金一括で購入する人はあまりいません。多くの場合、住宅ローンを組んで購入するわけです。では、住宅ローンがあるにもかかわらずマンション売却をする場合ローン残債はどのようになるでしょうか。これらを知っておけば、いざというとき困る事はありません。

基本的にローン残債があっても売却可能

自宅そして利用しているマンションや投資物件としてのマンションは、ある時期が来ると売却することになります。もし売却をする場合には、本当に売却できるのか問題になります。売却方法の中で問題になりやすいのは、ローン残債がある場合です。この場合の売却は基本的に不可能ではありませんが売却方法によってもできることとできないことが存在しています。

基本的に、売却方法としてはアンダーローンとオーバーローンの2種類があります。アンダーローンとオーバーローンの意味をそれぞれ見ていくと、アンダーローンはローンの残額よりも建物の価値が高い場合です。ここで言うならば、マンションの価値とローンの残りの金額を比べた場合マンションの価値の方がはるかに高い場合はアンダーローンといいます。

一方でオーバーローンとは、ローンの残額の方が大きくなっている状態です。この場合には通常売却することができません。しかし、うまく行えば売却できるケースもあるためあきらめないことが必要です。

住み替えローンと任意売却を考える

アンダーローンとオーバーローンのうち、オーバーローンになってしまっている場合は基本的にマンションの売却はあきらめなければいけません。何故かと言えば、仮に住宅を売却できたとしても、住宅ローンの方が残ってしまうため完全に売却することは不可能なわけです。

この場合には、売却をする方法はもうできないのでしょうか。結論から言えば、住み替えローンと任意売却をすることでこれらは可能となっています。

住み替えローンの場合には、建物を住み変えるだけで相変わらずローンの残額を支払い続けることになります。仮にアンダーローンとオーバーローンのうちオーバーローンであったとしても、そもそも借金が完全になくなるわけではないため可能なわけです。

当然このときには、審査が行われますが審査に通らなければ意味がありません。つまりローンの方が売値よりも大きい場合といっても、極端なオーバーローンに関しては審査に通らないと考えて良いです。

まだローンが残っている場合は売ることができるのか

突然マンションを売却したいと感じた場合、売却をすることは可能ですがオーバーローンになっている場合は売却が制限されます。しかしそれでも人手に渡すことは十分可能でしょう。何故かと言えば、住み替えローンと任意売却を組むことで相変わらず返済を続けることができるからです。

Similar Posts