所有しているマンションを手放す場合には、少しでも高く売却したいと考えるのは当然です。しかし売るタイミングを逃すと大きく損をする可能性もあります。逆に税金が安くなるかもしれません。そのような疑問に対して少しでも知識を身に付けましょう。

売却のタイミング次第で3000万円特別控除がある

近年は多くの方が資産運用で投資用のマンションを所有している時代です。そして誰もが高い値段時に売却したいと考えています。しかし同じマンションであっても、売り時を間違えると大きく損失を出してしまう可能性も秘めています。ですから最適な売り時を逃さないようにしましょう。

当然と言えば当然なのですが、築年数が新しいほど高値で売れます。その事を頭に入れて売り時を模索しましょう。駅から近い物件も高値で売れる条件として多くの方が認知しいている点です。この部分を踏まえた上で、自分が持っている物件が世間からどのような評価を得ているのかを考えなければなりません。

また売却のタイミングにより税額が変わるので、そこもしっかりと抑えていて下さい。居住目的で購入したのであれば、3000万円特別控除が利用できます。これは譲渡所得から3000万円差し引いて計算し、所得税と住民税の支払い額を少なくすることが出来るので、もしも譲渡所得が3000万円以下であれば譲渡所得に対する税金は全くなくなります。

物件の所有期間による減税措置について

物件を手放す場合に、少しでも高値で売りたいと考えるのは当然の事です。しかし売るタイミングというのはとても大切であり、あと数ヶ月待ってから売却した方が、手元に残る金額が数百万円違っていたという事もあるほどです。

例えば物件の所有期間による減税措置を例にすると、所有年数が5年以上なのか5年以下なのかで、譲渡所得に対する税率が変わってきます。

さらに10年以上所有しているとさらに税率が安くなるのです。ここでの豆知識としては、所有していた期間は売却した年の1月1日時点でカウントされるので、注意が必要です。

このように売却のタイミングにより税額が変わるのが不動産なので、しっかりとした知識を持ち合わせていないと、知識のある方に比べて損をしてしまうのです。自分の所有期間による減税措置が受けられるのかどうかを確認してから、ベストなタイミングを見計らって物件を売却する事をおすすめします。

マンション売却の相場やタイミングについてのまとめ

このようにマンションの売却に際して、3000万円特別控除や売るタイミングにより税額が変わるという事など、知らなければ損をする可能性がある内容が多いのでしっかりと知識を習得するように努めましょう。

Similar Posts