マンションの売却に対する考え方は、所有者の事情によって異なります。住み替えが目的の場合には、多少時間がかかっても高値で売りたいという気持ちが強いです。しかし納税や企業の経営資金の調達が目的の場合には、売却期間を少しでも短縮したいと考えるのが一般的です。

平均4ヶ月のファミリータイプマンションの売却期間

分譲マンションで居住しているファミリー層は、子供の成長に合わせて広い一戸建てに住み替えたいと強く考えています。そして広い家に住み替えるためには、少しでも高値でマンションを売却する必要があります。不動産会社が提示した査定額に基づいて価格を設定するのが、住まいの買い手を探す場合のごく一般的な手法です。

しかし強気の価格設定をすると、平均4ヶ月 の売却期間が更に長くなることも珍しくないです。ところが不動産会社の営業力によっては、比較的高い価格であっても買い手を見つけることは十分に可能です。住まいを売る段階で依頼する会社を慎重に選ぶことが、スピーディーにマンションを売却するためのポイントです。

一般的な中古マンションの場合には、売却期間を左右する3つの要素が存在します。価格が一番重要ですが、不動産会社の営業力とネットの積極的な活用も売却期間を左右する3つの要素に含まれます。

売却期間を短縮するための3つのコツとは

しかし売却期間を左右する3つの要素をすべて満たした場合でも、平均4ヶ月 の壁を破るような短期間で買い手を探すのは難しいです。けれども売却期間を短縮するための3つのコツをつかむと、スピーディーに満足する条件で住まいを売れるようになります。

毎週のようにオープンルームを開催するのが、売却期間を短縮するための3つのコツの中の一つです。また売り主から問い合わせがあったときに迅速に対応すると、価格交渉を通じて短期間で取引が成立できるようになります。交渉時には値下げする覚悟も必要ですが、話し合いがうまく行くとごくわずかな情報で早期の売買が成立します。

そのために企業の経営者がマンションを売るときには、慎重に交渉を進めることが多いです。更に住まいを売ることを決めた段階で、目につく箇所をリフォームする方法もあります。

確かにリフォーム費用が必要ですが、付加価値をつけて高値売却できるメリットも大きいです。様々なテクニックをその時々で組み合わせると、不動産市況が軟調でも高く売れる可能性がアップします。

短期間でマンションを高く売るコツ

営業力のある不動産会社を選んで交渉にも柔軟に対応すると、マンションを短期間で売ることができます。オープンルームで買い手を見つけることも重要ですが、リフォームで価値を高めて買い手を探すことも大切です。

Similar Posts