マンションを売却しようと思った際に、売却前にリフォームを行ったほうが良いと思う方がいらっしゃるかもしれません。ですが売却前のリフォームは基本的に不要!と考えましょう。売却前に少しでもきれいにしておいたほうが査定額も上がるのでは?と考える方が多いかもしれませんが、無駄という考え方もあります。

その理由をご紹介します。リノベーションとの違いやクリーニングとの違いもご紹介しますので、参考にされてください。

マンションの売却前にリフォームするメリットとは?

購入する側からすれば、同じ築年数であれば手を入れられていないマンションよりも、リフォームできれいになっているマンションのほうが購入する気持ちは強くなります。売却者もそれを考えてリフォームをしようと考えるのでしょう。ですが、実は売却者側にとってはそれほどメリットはないのです。

あるのは購入する側に対してだけです。それはなぜかというと、マンションの価値を決めるのは購入時の部屋の状態よりも「築年数」だからです。

同じ築年数であれば確かにきれいな方を購入したくなりますが、一方で見た目が同じくらいであれば、圧倒的に築年数が浅い物件のほうが人気なのです。

ですから単純に、「購入者にとってもリフォームしておいたほうが買いやすいよね」と思うのは危険で、売却者が損をしないためにはまず立ち止まって、現状維持をしておきましょう。たしかにリフォームした家はきれいですが、それ以外にも築年数や駅からの距離、間取りなどを気にされる方のほうが多いのです。

売却前のリフォームは基本的に不要!するだけ損かも

中古物件を購入される方は基本的に購入後に「リフォーム」や「リノベーション」を前提としている方が多いものです。そのため、自分好みの部屋に変えるために、逆に売却者が手を入れて、その分を売却価格に含めてしまうと敬遠されることがあります。

また、リフォームとリノベーションとの違いをご存知ない方がいらっしゃるかもしれないので説明すると、リノベーションは既にある建物に対して新しく機能を付けたりするものです。

これも中古物件を購入した方が自分でやろうと考えることが多いので、リノベーションも不要です。そしてもちろん売却前のリフォームは基本的に不要!と考えましょう。手を入れるのならクリーニングだけで十分です。

クリーニングとの違いは何かというと、クリーニングはこれまで住んでいた方の痕跡を消すために清掃することを言います。ハウスクリーニングは、工事を伴うリノベーションやリフォームほど手は掛かりませんし、最低限にきれいにすることで、費用も安く抑えられます。

マンション売却前に行うのはクリーニングのみに

ここまでリフォームやリノベーションとの違い、クリーニングとの違いをご説明してきましたが、中古マンションの買い手はお金を掛けて手を入れられているよりも、安く購入して自分好みにリフォームやリノベーションを行う方が多いものです。そのため手を入れるのならクリーニングだけにしておきましょう。

Similar Posts