マンション売却では様々な費用がかかりますが、その中でも大きな割合を占めるのが仲介手数料です。仲介手数料は営業活動の結果、買主と売買契約が成立した際に不動産会社に支払う報酬のことですが、この仲介手数料の相場はどの程度なのでしょうか。ここでは、仲介手数料の計算方法や値引き交渉の可否について解説します。

不動産会社に支払う仲介手数料の相場と計算方法

そもそも仲介手数料とは、マンションの売却を不動産会社に依頼し、無事に買主と売買契約が成立した際に発生する手数料のことを指します。成功報酬として支払うものなので、売買契約が成立しなかった場合は支払う必要はありません。

この仲介手数料は、宅建業法により上限が定められているのですが、多くの不動産会社は仲介手数料を上限額で設定しています。そのため、その上限額を知ることで大まかな相場を知ることが可能です。

仲介手数料の上限は、200万円以下の部分は「売買価格×5%+消費税」、200万円超から400万円以下の部分は「売買金額×4%+消費税」、400万円超の部分は「売買金額×3%+消費税」となっています。それぞれを個別に計算すると複雑な計算となりますが、売買価格が400万円を超える場合の仲介手数料は「売却金額×3%+6万円+消費税」という簡易的な計算方法で算出可能です。

例えば、売却価格が2,000万円だった場合は、「2,000万円×3%+6万円+消費税(10%)」という計算式で算出されるので72.6万円になります。

仲介手数料は交渉で値引きできる?

仲介手数料はマンション売却でかかる費用の中でも高額になるため、少しでも抑えたいという方が大半でしょう。結論から言ってしまうと、仲介手数料は交渉次第では値引きできる可能性があります。上記の通り、仲介手数料は宅建業法で上限が定められていますが、下限については定められていません。

そもそも値引き交渉に応じていない不動産会社もありますが、交渉に応じてくれる不動産会社も多いので交渉次第では仲介手数料が安くなる可能性は十分にあります。

例えば、希望売却価格よりも予算が少ない買い手候補が現れた場合において、販売価格を安くする代わりに仲介手数料を安くして欲しいといった交渉をすると、値引きが成功する可能性が高いです。

これは、不動産会社にとって仲介手数料は重要な収入源であるものの、そもそも売買契約が成立しなければ利益はゼロになってしまうので、仲介手数料を安くしてでも売買契約を成立させようとするためです。また、仲介手数料を上限額に設定していない不動産会社も少なくないので、最初からそのような不動産会社に依頼するのも一つの手です。

仲介手数料を把握した上でマンション売却を進めよう

今回は、不動産会社に支払う仲介手数料の相場や計算方法、値引き交渉の可否について解説してきました。仲介手数料は、交渉次第では値引きできる可能性もありますが、マンション売却で発生する費用の中で最も高額になります。そのため、マンションの売却を検討する際は、どの程度の金額がかかるのか把握しておくことが大切です。

Similar Posts