マンションを売却すれば多くの現金を得ることはできますが、売却には色々な費用も発生します。それが、譲渡所得・司法書士費用・ローン一括返済手数料・引っ越し費用・ハウスクリーニング費用などもありますし、売れた場合は仲介手数料・印紙税・登録免許税も支払うことになります。

ここでは、マンション売却にかかる費用や戻ってくる費用について書いていきます。経費の節約を考えている人は目を通してください。

売却費用はいくらぐらいかかるのかを知る

マンションを売却すれば、多くの現金を手にすることができますが、売却の際には様々な費用も発生しますので売却額がすべて残るわけではありません。

まず、売る際には譲渡所得・司法書士費用・ローン一括返済手数料・引っ越し費用・ハウスクリーニング費用などが発生します。譲渡所得・司法書士費用・ローン一括返済手数料・引っ越し費用・ハウスクリーニング費用の中でも、ローンが完済している場合は一括返済手数料も発生しませんし、引っ越しをしない場合はそれも必要ありません。

ハウスクリーニングも、絶対の条件ではありませんが、きれいなほうが買い手もつきやすくなるので、しておくことがおすすめです。それから、マンションが売れた場合には仲介手数料・印紙税・登録免許税なども発生します。

こうした費用は売却額の5~7%程度といわれており、決して少ない金額ではありません。少しでも余計な出費を抑えるためには、戻ってくる費用がないか、出費を抑える方法はないかなども考えていきたいところです。

少しでも出費を抑えてマンションを売るなら

マンション売却の際に、戻ってくる費用では国が用意している特別控除の活用があげられます。売却して利益が出ると譲渡所得税が発生しますが、3000万円の特別控除を利用すればかなり抑えることができます。この他には買い替え特例や所有期間10年超の軽減税率なども活用できます。

仲介手数料・印紙税・登録免許税の中では、仲介手数料の節約も考えていきたいところです。仲介手数料は不動会社ごとに違いもありますので、比較して手数料のやすい業者を選んでいきましょう。個人売買なら、仲介手数料は発生しませんが、個人売買はトラブルも多いので注意が必要です。

交渉次第では仲介手数料の値引きも期待できますが、どちらかというと大手業者よりも中小の業者のほうが交渉しやすいといわれています。それから、譲渡所得・司法書士費用・ローン一括返済手数料・引っ越し費用・ハウスクリーニング費用の中でも、必要のない出費はできるだけ抑えるようにします。

売却に必要な経費を把握しておこう

マンション売却の際には多くの出費も発生しますので、どういった費用が必要なのかは十分に把握しておきたいところです。出費は抑えることもできますので、節約できる方法も調べておきましょう。特別控除を活用するなら、確定申告も必要です。

Similar Posts