「できるだけ高く売却したい」、これは多くの売り手に共通する想いではないでしょうか。査定に影響する10のポイントを押さえておくと共に、上手な不動産会社の選び方も予備知識として備えておくのがおすすめです。

査定に影響する10のポイントを解説

マンションの査定価格はいくつかのポイントを踏まえ判断されます。立地や周辺環境がひとつで、駅近や周辺施設の有無などを総合的に判断し、基本的には暮らしやすい場所ほど価値が高まります。

人気の階数や位置、方角なども価値を左右し、広さや間取り設備なども重要です。築年数や構造もチェックされます。管理状況も重要で、適切に管理がされている物件ほど価値は上がりやすいでしょう。

昨今では耐震性を重視する人も増えていることから、新耐震基準に対応しているかどうかもポイントです。昭和56年6月1日以降の建物は基準を満たしています。施工や販売会社も評価に影響し、信頼のある企業が携わっているかどうかで価値が変わってきます。共有施設の充実度も大事であり、人気の設備が揃っていると人気も高いです。

マンションの管理費や修繕積立金も評価に影響し、適切な金額であるかどうかが重要です。そして最後に、部屋のキレイさです。水回りやバリアフリーの有無によって売却価格も違ってきます。自己努力だけでは対処をできない項目もありますが、評価を上げられる部分へとテコ入れをすることで、査定額アップにも期待ができるでしょう。

査定を依頼する不動産会社の選び方

満足のいくマンション売却にするには不動産会社の選び方も重要です。基本の査定の流れとして、おすすめなのは一括査定を積極活用することです。複数社を比較した上で高く売れそうな不動産会社を選び出すことが大事ですが、一社ずつを地道に比較するのは大変な労力が掛かります。

一括査定ならオンラインで楽々、比較を行うことができ、安心をして相談ができそうな不動産会社も見付けられるはずです。一括査定サイトによって加盟会社は異なり、得意とするエリアや不動産の種類にも違いがあるため、どのような特徴を持つのかを踏まえサイト選びを行うもポイントです。

査定の流れの一環として、事前に資料の準備を行っておくことも欠かせません。評価に影響を及ぼす要素に関する資料があることで、それを証明材料に使うことができます。資料の準備については担当者によるアドバイスも受けられますし、何でも気軽に相談ができる相手を見付け出すのもマンション売却に成功するための秘訣です。

後悔のないマンション売却を目指そう

査定に影響する10のポイントや査定の流れなどを簡単にみてきましたが、特に不動産会社選びは重要ですので一括査定を活用しながら見極めるのがおすすめです。適宜、資料の準備もしっかりと行い評価額のアップにつなげましょう。

Similar Posts