投資用のワンルームマンションの売却を検討する際には、ワンルームマンションの買取は特殊であることを知っておきましょう。ワンルーム買取の種類や、仲介との違いは?といった気になるポイントを解説します。ワンルームマンションの特徴を抑えておくことで、査定で損をしないように売買ができます。

投資用ワンルームマンションでは買取業者を利用する

ワンルームマンションの買取は特殊であるとされているのは、あくまで投資用であり居住用とは扱いが異なる点にあります。自分や家族が住むわけではなく家賃収入を得るために売買を行うため、扱いが変わるのは当然のことでしょう。

投資用ワンルームマンションの買取は特殊であるため、一般的な不動産物件で利用されている不動産会社では扱いができない可能性が高くなります。投資用に売買されているワンルームマンションの買取業者なら、スムーズな扱いが可能です。

全国ネットで物件を取り扱っているような大手不動産会社、あるいは地元密着で活動している不動産会社に投資用マンションの買取について相談しても、良い結果は得られないでしょう。

投資用に売買されているワンルームマンションの特殊性を理解した上で、買取専門の業者を利用するのが通例です。投資用ワンルームマンション買取専門業者なら、正しい金額で査定を行うことができます。

ワンルーム買取と仲介との違いは?

ワンルーム買取の種類にはどのようなものがあるのでしょうか。ワンルームに限らず不動産の売却をする場合、仲介と買取の2種類が代表的な方法です。仲介はワンルームを売りたい売主と物件を探している買主の間に不動産会社が入り、契約の締結までまとめてくれます。

一般的な不動産で利用されているのは仲介でしょう。なお、ワンルーム仲介会社も存在しており、この場合は居宅の購入を求める個人ではなく、ワンルームマンション販売業者への仲介を行ないます。

一方で買取は個人の買主やワンルームマンションマンション販売業者への仲介を行わず、該当物件を業者が直接買い取ります。賃貸用ワンルーム買取の種類としては入居者がいるまま売買を行うオーナーチェンジや、入居者がいない空き室の売買などが中心です。

オーナーチェンジの場合、入居者に退去してもらう必要がなく、次のオーナーにそのまま引き継げる点はメリットです。

正しい評価ができる買取業者で査定

不動産会社が行う仲介との違いは?などの疑問を持つ方もいるでしょう。不動産を扱うという点で両者は似ていますが、その実まったく異なります。投資用マンションの査定を受けるなら、正しく評価ができる買取業者の利用がおすすめです。

Similar Posts