家族が増えたり、転勤のためにマンションを売価?くしなければならない時があります。この場合仲介や買取といった方法で売却することになります。それぞれの三つのメリットやデメリットなどについてもご紹介します。

マンションを買取で売却するメリット三つとは

マンションの売却には、あまり多くの人には認知されていない買取という方法があります。これは買い取りに特化した不動産業者によって買い取ってもらうことが出来るんです。マンションを買取で売る三つのメリットとして、一つには短期間でマンションを現金化できるということを挙げられます。

短期間でマンションを現金化できるのは、買取業者の査定額でかいとってもらうために、販促活動や広告の必要がなく最短で一週間から一か月前後で売却できてしまいます。二つ目のメリットはマンションの内覧対応が不要ということです。

マンションの内覧対応が不要なのは、買い主を探し出す必要が一切ないためです。三つ目の利点は、仲介手数料がかからないのです。仲介手数料がかからないということは、コストがかからずリーズナブルに売却できることになります。

しかしメリットばかりでないことも心得ておく必要があります。それは、市場相場の二割から三割程度は安い値段で買いたたかれるからです。

マンション売却は仲介が一般的です

マンション売却において一般的なのは、不動産会社による仲介です。この方法は多くの人に認知された売却方法です。仲介は査定後、相場の価格や売り主の希望にそうように売値を設定し、媒介契約を結んで反則をかけることになります。

ポスティングやネット広告、情報誌の掲載など地道な方法や、ネットワークを活用して売りに出します。内覧の準備、価格交渉などやることは多岐にわたり、売却までに時間を要すり事になります。三か月から六か月ほどで売却できることもありますが、いつまでも売れ残る可能性も秘めているのがデメリットです。

売れてしまえは相場、もしくはそれ以上の高値で売れるので売り主にとってメリットも大きいです。しかし中にはいつまでも、最悪の場合何年も売れないことも珍しくはなく、こうした最悪な事態に陥らないためには買取保証を付けることも大事です。買取保証とは、売れない時に不動産業者が取り決めた額で即時買い取ってくれます。

マンションの売却方法とメリット

マンションの売却方法には買取があります。それには短期間でマンションを現金化できる、マンションの内覧対応が不要、仲介手数料がかからないという三つのメリットがあります。仲介という売却方法もあり、こちらは高値で売ることが出来るのがメリットです。

Similar Posts