高齢になると二世帯住宅を考えるようになり、マンションの売却に迫られることがあります。この場合不動産会社で仲介か買取で売ることになります。買取と仲介の違いや、買取と仲介のメリット・デメリットとそれぞれの費用と買取にむいているマンション・仲介にむいているマンションをご紹介します。

買取と仲介のメリット・デメリットとそれぞれの費用

マンションを売却する上で、買取と仲介の違いをよくわかっていない人が非常に多いです。マンションの仲介とは、不動産会社と媒介契約を結び、不動産会社が販促活動でネットワークを駆使してホームページに掲載やポスティングをかけます。

それによって買主を見つけ、売買契約を成立させます。一方買取は、買い取りに特化した不動産会社が物件を査定し、その査定額で自ら即時に買取ってくれます。最短で一週間から一か月程度で売買契約が完了し、売ることが出来るのです。

大きな買取と仲介の違いは、誰が買い取ってくれるかという点にあると言えます。仲介の場合は、買取とは違って売却までに時間を要することを心得ておかなければいけません。おおよそ三か月から半年の時間を要するのです。売却までのスピードや期間が異なることも、両者の大きな違いであるといえるのです。

また費用も、買取はかかりませんが、仲介では仲介手数料という費用が掛かります。自分が急いで売りたいのか、時間をかけて希望額で売りたいのかでも、どちらを選択すべきか変わってきます。

買取にむいてるマンション・仲介にむいてるマンション

買取と仲介のメリット・デメリットとそれぞれの費用の違いは、他にも多々あります。そのメリットとデメリットをよく理解すると、おのずと買取にむいているマンション・仲介にむいているマンションはどんなものかわかってきます。

買取は契約不適合責任の免責があります。そのため火事が起こった物件、死者が出た事件の物件、震災などで被害を受けたマンションなども買取の対象となるんです。すぐに、キャッシュを受けたいと考えている人にも買取が適しています。

離婚や遺産相続ですぐに現金化したい、ローン返済に行き詰り残債を整理したいという場合に、買取が向いてます。仲介は、売り主が希望額を提示し規模にそった形で売れるので、高値で売却できるメリットがあるんです。それゆえ資産運用のため、住み替えの新築物件の購入資金に充てたい人などに向いている売却方法です。

買取にむいているマンション・仲介にむいているマンションはどんなものかは、それぞれのメリットデメリットを良く把握すれば非常によく理解できるようになるのです。

仲介と買取の違いとそれぞれに向いている物件

仲介とは売り主の希望額で売却できるので、高値で売りたい人、資産運用や新築購入資金を作りたい人に向いてます。買取は不動産会社が即時買い取るので、事故物件などの売却や現金化を急ぐ人に向いています。

Similar Posts