マンションを売却する時は様々な費用が必要になる事があって、売却価格がそのまま手取り金額とはならないケースもあります。マンションの売却方法には主に買取と仲介の2種類があって、それぞれ特性が違うので自分にあった方を使うと良いです。

マンション売却の仲介と買取で必要になる費用

マンションの売却時の買取とは業者に直接買ってもらう方法の事で、不動産業者に査定をしてもらって査定額に納得ができればすぐに売却が可能です。最終的に他の法人や個人にマンションが所有権がわたる可能性もありますが、一度不動産会社が買うので瑕疵担保責任は自分にはなくなります。

買取の場合は仲介手数料は不要ですし、その他のクリーニング費用などもなくなります。直接買取で売却する際かかる費用は仲介と比べると少ないので、売却額と手取り金額の差が小さいです。

ただし仲介手数料は不要も不要で、その他の直接買取で売却する際かかる費用も少なく済むのは査定額に反映されているという側面もあって、買取の場合は仲介よりも売却価格自体が抑え気味になる傾向はあります。

売却までの時間で言えば仲介のように相手が見つかるまで売れないという事はないので、査定額にさえ納得できれば売却までの期間が短く済ませられます。

仲介のメリットや必要になる費用

仲介は買取と違って不動産業者に直接買ってもらうのではなく、業者に仲介に入ってもらって売却する相手を見つける方法です。仲介手数料は不要やその他費用が殆どかからない買取と比べると、仲介では売却額と手取り金額に差がでやすいです。

一方で売却価格自体は買取よりも仲介の方が高くなる傾向があって、マンションを売却するまでの時間や労力はかかりますが高値で売るという目的を果たすには買取よりも優れています。

仲介に入ってくれる業者がどこまでの業務を代行してくれて、仲介費用がどのくらいになるかは業者によって違いがあるので、仲介で売却する時も業者間の仲介手数料や代行サービスを内容を比較検討するべきです。

仲介の場合は集客も基本的には不動産業者に行ってもらう事になりますが、集客力は事業者によって違うので、売りに出して結果が出ない時は仲介業者を思い切って変更するというのも有効な手段の一つです。

自分にあった売却方法を使うべき

直接買取で売却する際かかる費用は少なくて売却額が手取り金額になる事も多く、売却までの手間も少なく済みます。ただ仲介も買取と比べて優れている点はあるので、重要なのは自分に合った売却方法を選択する事です。

Similar Posts