通常の物件と同じく、賃貸マンションなど投資用不動産売却のコツが存在します。築年数から考える賃貸マンションの売り時などを考慮しつつ、売却損が出ないように買取をしてくれる相手を探す必要があります。売却を検討するときのポイントと併せて、最適な時期を確認してみましょう。

築年数によって賃貸マンションの資産価値は変化する

築年数から考える賃貸マンションの売り時は、エリアや間取り、物件の人気などによって変わります。例えば築10年ほどの新しい賃貸マンションは買主が見つかりやすく、比較的簡単に買取をしてもらうことができるでしょう。ただし長期譲渡所得を考慮すると、買取から数年で売ってしまうと損になる可能性があります。

築年数が10年から20年を超えると、賃貸マンションの資産価値が下がっていきます。マンションによっては大規模修繕が実施される時期ですが、リノベーションなどをうまく取り入れることで価値を上げることも可能です。

築20年を超えた賃貸マンションは、新築当時と比べて資産価値は下落しています。一方で下落幅は落ち着いており、都心部や人気エリアで築30年程度のものならばスムーズに売却できるでしょう。築年数が経過してリフォームを取り入れることで、売却益の出る人気物件になる可能性も十分にありえます。

売り時を逃さずスムーズに売却を進めよう

スムーズな投資用不動産売却のコツは、売り時を逃さないことです。築年数によって変化していく物件の価値を確認しながら、いずれかの段階で損が出ないように手放しましょう。リノベーションをしてから売る、周辺に建設予定の人気スポットが完成するまで待つなど、その時々によって売却するべきかどうかの判断は変わります。

売却を検討するときのポイントは、最適な売り時を見極めること、信頼できる不動産会社を利用することでしょう。賃貸マンションの場合には、入居者が入居中のままオーナーチェンジをする方法もあります。売主から買主へと賃貸マンションの持ち主が変わるオーナーチェンジは、すぐに賃貸物件の経営ができるといった点もメリットです。

また、信頼できる不動産会社の存在は、売却を検討するときのポイントの中でも大きな割合を占めます。不動産会社の取引実績に加えて、レスポンスの速さや担当者との相性なども需要な要素です。

コツを掴んで投資用不動産を売却

投資用不動産売却のコツは、築年数から考える賃貸マンションの売り時などを考慮して、もっとも最適なタイミングを逃さずに売却を進めることです。売却を検討する際には、信頼できる不動産会社探しなども重要になるでしょう。

Similar Posts