マンションを手放す際の方法として仲介と買取があります。マンション仲介とマンション買取の違いは具体的に何なのか、買取で売却する際に売主様がすることの流れなどを注意点を上げながら解説し、疑問にお答えします。

マンション仲介とマンション買取の違いと注意点

マンション仲介とマンション買取の違いは、不動産会社の役割にあります。マンション買取だと不動産会社は買主になりますが、仲介の場合は仲介者となり買主との間に入ります。この役割の違いから生まれる差は、売却に必要になる期間と売却価格の面で顕著にあらわれます。期間は買取の場合の方が短く、仲介の方が長くなります。

買主が不動産会社だと、不動産会社との合意で売買契約が成立しますので早く済みます。決済も契約が成立すると同時に行われることが多く、この点でも時間の節約になります。注意点としては不動産会社の利益はマンションの転売益になりますので、買取価格は仲介での売却価格より安くなります。

仲介の場合は、広く売却物件の告知を行い買主を探します。早く見つかれば早く済みますが、見つからなければ売却出来ないままになってしまうことは忘れてはいけない注意点です。売却価格は、不動産会社の利益が仲介手数料ですので高く設定することが可能です。

買取で売却する際の流れと交渉の重要性

買取で売却する際に売主様がすることの流れは、仲介を利用する際と異なります。仲介を利用する場合は、希望価格を伝えて買主を探してもらうのが一般的です。

購入希望者が見つからなければ、徐々に価格を下げていくか、慌てずに気長に理想の購入希望者が現れるのを待つことになります。買取りでは不動産会社の選定が売却決定になりますので、最も時間をかけて吟味するべきところです。

選定の際には、出来る限り多くの企業を対象にした方が効果的です。大手の方が条件が良いと思いこまずに、買取をしている不動産会社があれば面倒がらずに買取価格を訊いてみると意外な数字が聞けるかもしれません。大手も小さな会社も買取の目的は転売することですから、当てがあるところの方が高値を付けてくれます。

ある程度まで調べれば後は最終的な価格交渉です。片手で収まる程度の不動産会社に絞り込んで最終交渉に入り、最も高い値を付けてくれたところと契約して終了です。後は代金の決済と諸手続きのための必要書類を交付して終わりになります。これが買取で売却する際に売主様がすることの流れです。

仲介と買取の違いの理解と買取での交渉は不可欠です

マンション仲介とマンション買取の違いは、全体的な流れと完了までに必要になる期間と売却代金です。買取を有利にするには不動産会社との交渉が不可欠で、手続きの流れの中心に交渉を据えて幅広く行えば嬉しい誤算が起こるかもしれません。

Similar Posts