マンションを売却する場合、依頼した仲介業者から買取保証というサービスをすすめられることがあります。ここでは買取保証サービスの概要について、並びに買取保証をつけた方が良いのはどんなマンションか、逆に買取保証をつけない方が良い場合はどんな場合かなどについて見ていきます。

買取保証とはどのようなサービスか

不動産会社にマンションの売却を依頼する際、一般的には広告を出すなどして買い手探しを代行してもらう「仲介」という形式をとるか、不動産会社に直接購入してもらう「買取」という形式をとるかのいずれかとなります。ただ、これ以外に両者の性格を併せ持った手法もあります。それが買取保証です。

買取保証では、依頼を受けた不動産会社がまずは一般の購入希望者に向けて営業活動を行い、そこで買い手が見つかった時は売り手との間における売買契約を仲介します。しかし一定期間が経過しても買い手が見つからなかった時は、不動産会社が自ら買い手となってマンションを購入します。

仲介のみの場合、購入希望者が現れない限りはいつまで経ってもマンションを売ることができません。この点、買取保証サービスをつければ、最終的には不動産会社が買い取ってくれることが確実なため、売り手にとっては売却予定が立てやすくなるというメリットが生まれます。

買取保証をつけた方が良いケースとそうでないケース

買取保証サービスには、売却予定が立てやすくなることの他にもメリットがあります。特に一定の性質を持ったマンションの場合、そのメリットは顕著です。

それでは買取保証をつけた方が良いのはどんなマンションかというと、それは築年数がある程度経過しているマンションです。古い物件ほど人気が低く、買い手が見つかりにくいのはマンション市場における一般的な傾向ですし、また経年劣化によって設備などに傷みが生じている物件を売る時は売り手に瑕疵担保責任が生じます。

しかし買取保証ならば不動産会社と契約を結んだ時点で確実に売却できることとなりますし、買い手がプロの事業者である時は瑕疵担保責任が免除されるという特例の適用を受けることもできます。

反対に、買取保証をつけない方が良い場合もあります。それは、時間はかかっても良いからマンションを少しでも高く売りたい場合です。

不動産会社が物件を直接買い取る時は転売を目的としていることが多いため、利益を大きくするために購入価格を低めに抑える傾向があります。したがって、高く売りたいのであればあくまでも仲介による売却を目指す方が良いということになります。

物件の性質を考えて買取保証をつけるかどうかの判断を

買取保証をつけた方が良いのはどんなマンションかを考えた場合、築年数が経過しているなど仲介のみでは確実に売れるかどうか不安な物件であれば、買取保証を利用した方が売却予定が立てやすくなるので推奨されます。一方、できるだけマンションを高く売りたいのであれば、買取保証をつけない方が良い場合もあります。

Similar Posts