ライフプランの変更で、マンションの売却に必要に迫られる時があります。その場合仲介や買取といった方法で売却することになります。マンションの買取の相場価格や、売却相場を調べる方法、不動産会社選びで押さえるべきポイントについてもご紹介して行きましょう。

マンション買取は売却価格が「7~8割程度」

マンションの売却方法では主に二つあります。一つが仲介であり、二つ目が買取となります。買取の場合には様々なメリットがあります。それは買い取りに特化した不動産業者が査定し、その金額で即時買取をしてくれるので売却がスピーディーで現金化が早いメリットがあります。最短では一週間長くても一か月前後で売却が完了します。

さらには、仲介手数料も発生しません。コストが安く抑えら売却額から差し引かれる経費も少なく、手取り額もあまり減ることはありません。しかし売却価格が「7~8割程度」になるデメリットが存在します。

なぜ売却価格が「7~8割程度」になるのか、それは不動産業者が再販するためにリフォームやリノベーションを施す必要もあり、それを想定しての買取額になるからです。買取額は安くなるものの、早く現金化しなければならない事情がある人は、仲介ではなく買い取りを選択する方が賢明であるといえるでしょう。

買取の不動産会社選びで押さえるべきポイント

仲介と違い、買い取りは特殊な物件の売却方法と言えます。そこでそれに特化した不動産業者を選び、売却を行う必要があります。不動産会社選びで押さえるべきポイントとして比較サイトや口コミ評価、買い取りに特化した業者のランキングなどを参考に選定してくと良いでしょう。

買い取りの実績や経験が豊富で、創業年数も長いとそれだけ利用している人が多く、安心安全が担保され信頼して売りに出すことが出来ると言えまう。また比較サイトなどでは一括見積があって、複数社から相見積もりを取ることも可能です。

売却相場を調べる方法は、比較サイトのシミュレーションでAIによって査定してもらう方法もあります。売却相場を調べる方法で信頼できるのは、国土交通省のレインズ・マーケットインフォメーションで実際の売買額を見ることもできます。そうすれば価格相場を把握でき、極端に安すぎる価格で買い取られる心配もなくなります。

マンションの買取相場と業者選び

マンションを売却するには買取があります。買い取りは現金化がスピーディーで契約不適合も免責されますが、安く買いたたかれる可能性もあり相場の7割の価格になることもあります。あまりに安く買い叩かれないないためには、業者選びと相場の把握をしっかりすることが大事です。

Similar Posts