マンションを売る時の方法は基本的に二通りあって、仲介業者を使う方法と買取業者を使う方法があります。不動産を売却する前に仲介業者の査定と買取業者の査定の違いや業者間の比較検討をするのに、効率の良い方法を知っておくと良いです。

仲介業者の査定と買取業者の査定の違い

マンションを売る時には買取と仲介が主な売却方法で、買取の場合は不動産業者自体が買ってもらえます。直接買取査定を行ってくれるので、すぐに直接買取査定による金額を知る事ができます。買取の場合は仲介と違って業者自体が買ってくれるので、売却までの期間は短く済むので急ぎで売却する人に最適です。

売却額も直接買取査定ですぐにわかるので、早い段階で正確な金額を知る事ができて、新居を決める時の資金計画などが立てやすいです。

一方で仲介では業者が仲介役になって買い手を探す事になるので、その都度価格も変更する可能性がりありますし、売買契約が成立するまで長い期間が必要になる事もあります。

売却までの期間など買取の場合よりもデメリットになる事もありますが、売却額は仲介の方が高くなりやすいです。仲介での売却では仲介手数料が発生しますが業者によって手数料は変わるので手数料の比較もするべきです。

一括査定やマンション専門の買取業者を利用する

マンションを売却する時には業者間の比較をする事で相場を把握できますし、他社よりも高い評価をしてくれる業者を探す事ができます。業者に個別で問い合わせをするのも良いですが、労力や時間を考えるとかなり大変なので、一括査定のサービスを利用すると効率よく多くの業者からの見積もりを取る事ができます。

買取業者の中でも様々な事業者があって、マンション専門の買取業者も存在しています。買取での売却を希望している時は、マンション専門の買取業者を利用するのも良いです。

一括査定のサービスも様々なものがあるので、極端に参加してる業者数が少なかったり、売却したい不動産がある地域と地域性で異なる業者が多く参加している一括査定のサービスではなく、売却予定のマンションにあったサービスを利用すると良いです。

一括見積での査定はあくまでも机上査定なので、現地での審査で価格が変わる可能性も考慮しておくべきです。

事情に合わせて最適な売却方法を選ぶ

マンションを売却するといっても仲介業者の査定と買取業者の査定の違いもありますし、業者間での違いもあるので、一括査定などを使って比較検討しながら売却する方法を選択すると良いです。

Similar Posts