マンションが老朽化したり、ライフプランが変更するとマンションを売りに出さなければいけません。この場合不動産会社の仲介もしくは買取で売ることになります。買取の場合、仲介との違いや買取のメリット・デメリット、売却の流れなどもご紹介します。

買取と仲介との違いやながれについて

一般的にマンションを売るときには不動産業者に依頼し、仲介という売り方で売却します。仲介は不動産業者が査定後、査定額と売り主の希望額とすり合わせ販売額を決めます。そして媒介契約を結び、不動産業者がネットワークを活用しポスティングやDM、ホームページの掲載など販促をかけて買主を探します。

価格交渉の後、契約が締結されて引き渡しという流れになります。一方買取となると、それに特化した不動産会社の査定を受けることになるんです。査定額が提示され、その価格で不動産業者に買取ってもらうことになります。このように仲介と買取では大きく流れが違うことがわかってくるのです。

仲介との違いを良く把握して、どちらが自分にとって最適な売却方法なのかを吟味し、売りに出すことが大事です。それには買取のメリット・デメリットなどもよく言把握しておく必要があるといえるでしょう。次には買取のメリット・デメリットについて詳しくご紹介いたします。

買取のメリット・デメリットについて

前述のように買取は、それに特化した不動産業者が査定した額で即時買い取ってくれるのです。これを即時買取と言います。売買契約の期間は一種感から一か月であって、以上に早くスピーディーに現金化できるのが最大のメリットであると言えます。離婚や遺産分割で、すぐにキャッシュが欲しいという人に最適の売却方法です。

そして契約不適合責任の免責もあり、精神的に楽に売却できてしまうわけです。例えば火事で焼けてしまった、人がそこで自殺した、震災で家屋が倒壊したといったいわゆる事故物件であっても買い取ってもらえる可能性があるんです。仲介とは違って仲介手数料もかかりません。

このように買取は非常にメリットばかりのように思われますが、デメリットも存在します。それは市場相場の二割から最大四割程度減額されて買い叩かれることになるんです。高値で売りたい、希望額で売りたいという人に取って、買取という方法は向かないと言えます。

買取の流れやメリットとデメリット

マンション売却で買取を選択すると、それに特化した不動産業者が査定し、査定額で即時買い取ってくれます。現金化がスピーディーなのが最大のメリットですが、市場相場より二割から四割程度安く買われてしまいます。

Similar Posts